わきがは突然発症するものではないのです

わきがは腋臭症というれっきとした疾病症状で、この症状を持つ人にとっては非常に深刻な問題となります。

 

一口にわきがと言われますが、周囲に異臭を放つわきがは、人間関係の問題にまで発展することがあり、精神的症状への発展ともなることがあります。

 

悩み

 

 

わきがの発症は思春期に突然出ることがあります。

 

これは、ホルモン分泌が盛んになる思春期以降に症状が現れ、その後自然に症状が治まることはありません。

 

ただ、思春期以降にこの症状が出ない人が突然わきがになることはありません。

 

わきがのメカニズムは身体にあり、臭いのもととなるアポクリン汗腺からの分泌液が多く、そもそもアポクリン汗腺の数が生まれつき多いことが問題となるのです。

 

通常であればエクリン汗腺が多いのですが、アポクリン汗腺が多い原因が遺伝であり、生まれつき親からもらった遺伝子にわきがの情報が書き込まれてしまっているのです。

 

このような人はわきが治療を行う必要があります。

 

サウナや入浴、制汗剤などの対処方法もありますが、ほぼ、一過性であり、継続的な抑制方法ではありません。

 

サウナや入浴直後に発汗すれば、その汗がすでに強い臭いを放ちます。

 

現在、クリニックなどでわきが治療が行われますが、わきが治療に保険適用が行われるため、安心して治療が受けられるでしょう。

 

わきが治療はレーザーやメスを用いた治療となるため、治療後の不具合が生じないように評判の良いクリニックを選ぶことが大切です。