寝起きに出来るわきが対策とは??

寝起き

 

人間は夏や暑い時期だけでなく寝ている間に寝汗をかいています。

 

常に体から熱を発散したり水分を調節したりしています。

 

もちろん脇汗もかきます。脇汗の場合は腕の間にあるのでなかなか放出することがないのでよけいに気にもなります。

 

しかしその脇汗の臭いが周囲の人が臭いというレベルになってくると、それがわきがです。
またわきがの人は自身では気付かず家族にもいたりするので気を付けてください。

 

わきがの人は前日に臭いのきついものを飲んだり食べたりしたら寝起きにいつも以上に臭いがひどくなったりします。

 

次の日が休日の場合などでしたら多少は良いでしょうが、出勤やでかける前の日は、なるべく臭いきつい食べ物を控えましょう。

 

 

寝起きに脇汗に汗をかいてしまっている場合は、すぐにウェットティッシュなどで拭き取りましょう。

 

途中で目が覚めた時にも脇汗を感じたらこまめに吹くことでだいぶん違ってきます。

 

 

また寝起きすぐに水分補給をしましょう。

 

寝ている間には意外と汗をたくさんかいています。
寝ている間にためてしまった毒素を寝起きに水分補給をして放出してしまいましょう。

 

 

家族にわきがの人がいると感染してしまうということはないですが、下着やパジャマなどはきちんと毎日お洗濯をして清潔にしておきましょう。

 

 

脇には体の免疫をつかさどる大切なリンパがあります。

 

そのために腋毛でまもられているのもありますが、毛の元に細菌が繁殖したりしてそこから臭いを発したりします。
脇の毛の処理もこまめに行いましょう。

 

 

あとはわきがの手術などもありますが、自然にできる対策でもキツイ臭いを抑える事ができるので寝起きから一日中脇汗に気を使ってウェットティッシュなどで拭いて清潔にしておきましょう。