緊張時のわきが。緊張すると臭う原因と対策とは?

汗には大きく分けて三つの種類があります。

 

一つ目は、運動後や入浴後や気温が上昇して暑いときなどにかく温熱性発汗です。

 

体温調節のためにかく汗で、水のように透明でサラサラとしていて臭いなどもありません。

 

体全体にかくという特徴があります。

 

 

二つ目は、辛いものを食べたときにかく味覚性発汗です。

 

香辛料がたっぷりと入った刺激の強い食べ物を食べた際に吹き出すようにかく汗です。

 

鼻や額などにかくという特徴があります。

 

 

三つ目は、緊張したり心配事があったり不安や怒りやストレスを感じたときにかく精神性発汗です。

 

緊張

 

ベタベタとしていて臭いがあり、着ている洋服に汗染みができて黄ばんでしまうこともあります。

 

脇や手や顔や足などにかくという特徴があります。

 

脇汗やわきがはこの精神性発汗が原因となります。

 

アポクリン腺という汗腺から分泌されることが不快な臭いにつながってしまう原因です。

 

汗をかいているということが不安につながり、それが精神的なストレスとなりさらに汗をかいてしまうという悪循環に陥ることもあります。

 

脇汗やわきがを抑えるための対策としては、自律神経の乱れを整えて気持ちをリラックスさせて穏やかな精神状態を保つということが重要になります。

 

癒されるものやリフレッシュすることができるものなどを見つけたり、良質な睡眠をしっかりととったり、健康的な食生活を心がけたり、規則正しい生活リズムを身につけたりすることが大切です。

 

汗をかいたらこまめに拭き取って脇を清潔に保ったり、制汗剤を使用して汗を抑えるというのも効果的です。